HEY!HEY!HEY!  MUSIC CHAMP
e0080345_17214415.jpg昨晩。偶然、見た、この番組が、あまりにも面白くて笑い転げてしまいました。

ここんところ、修二と彰「青春アミーゴ」の宣伝のためか、出まくってる亀梨和也と山下智久だけど、その世間話をきいて「へ~ぇ」と感心することだらけ。

じつは、KAT-TUN って、デビューは2001年で、まだCDデビューもしてないんですってね。(うそっ!)

「これだけの逸材が… なにゆえに?」(亀梨君なぞ、あのルックスに加え、演技はできる、歌は歌える、こんなに踊れるのに… なんでやねん?)」と思わず興味おぼえて調べて、のけぞってしまいました。

じつはKAT-TUN って、結成直後から、人気沸騰。初の単独コンサートでは、既に先輩であるところの「TOKIOとV6が持っていた1日10回の「日本記録を塗り替えた」実績をもつグループであった事実に、ビックリ。なのに、今年の急激なドラマへの露出まで、じっくりと“機を待ってた”のでしょうか? …すごいなぁ 余裕ですよね。

余談ながら、ジャニーズ事務所の戦略ってほどではないんですが、かっこいい方々ほど、うま~い匙加減で、“ダサさ”みたいな泥臭さをまぶすのが、じつにお上手、と思いません?

思えば、いまや完全に市民権をえたキムタクだけど、最初、きいた時は「こんなにカッコイイんだから、こんなに平凡な名前を、まんま使わずとも…」と感じたのは私だけ? KinKi Kidsの経緯に関しては、どう考えても「笑える」し… (“関西坊や”だっけ? すんでのことで、そうなりかかってたんですってね)

でも、それは決して偶然ではなく、今回の「青春アミーゴ」を聴くにつけ、その勘所。改めて、(戦略的に)「…天才だわ…」と感じたりしてね。

ちなみに、今回のチャンプさん。水樹奈々も出演して、そういう意味でも、なかなかに興味深かったのでした。やっぱ、時代の先端を天才芸人さんが斬ると、面白すぎっ!
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-01 17:39 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)

カールおじさん、田中知事?!
e0080345_16591626.jpg現在は、長野県知事をつとめる田中康夫。

私の記憶がたしかならば(だっけ?)、その昔。お酒の宣伝で、お公家さんに扮し、そのあ~まりの似合いように、ひと目みるなり、コケてしまったほど。

「このイメージ(服装とキャスティング)を発想した方、天才っ!」と感じた記憶あるんですが…

カールおじさん風まで似合ってしまううとは… ますます、タダモノじゃないですね。

こういう「キャラを自在に演じられ」て、遊び心のある方こそ、まさに“次の時代の人”なのかもしれませんね。思わず感心…
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-01 17:14 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

小雪はプリンセス・オーラ
e0080345_9401097.jpg思えば、はじめて彼女をファッション雑誌で見かけた時は衝撃!でした。

だって、彼女がひとり、そこに加わっただけで、一気に、周囲のモデルのみなさんが、「その他、大勢化する」というか… (彼女が姫君で)思いっきり「町娘に見えて」しまうんですもの。

もちろん、みなさん充分に「選ばれし方々である」にもかかわらず!ですよ。これには、ビックリ。

それほどのパワーとオーラをもつモデルさんって、初めてみた… かも。

案の定。その卓抜した美貌と空気感。どんどんドラマや映画の世界でも快進撃! これには大いに納得させられるものがあったです。ついには、あの「ラスト サムライ」にまで抜擢された時は「…やっぱりぃぃ」

でも、個人的には「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」で演じた、ちょっと、ドン臭くて不器用。サエない女性記者役も、うんと好きだったりしてね(ファンって、ワガママ)

写真のように「猫になって」さえ、不思議な「気品が漂う」って、ものすごいことだと思いません?

なにやら昨今。プライベートで、あ~だこ~だ、してるみたいですが、そのたぐいマレな資質。今後の活躍が、心から楽しみな女優さんです。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-11-01 09:48 | テレビ | Trackback(1) | Comments(2)

胸キュン文化祭 (野ブタ。をプロデュース)
e0080345_17563338.jpg原作を読んでないのでエラソーなこと言えないんですが、どんどん味わい深くなってきてますよね。今回の舞台は文化祭。コミカルな中に、まぶされた、思春期の繊細な心情表現が、なんともいえずグ~♪

どうも、噂によると、信子を演じてる堀北真希って、「電車男」で勝気な妹を演じてた彼女だったんですって? これにはビックリ!

きくところによると、原作でプロデュースされたのは男子だったみたいだし、脱力系の彰(山下智久演じる「だっちゃ」君)や、忌野清志郎に夏木マリの存在もドラマならでは、みたいだし… どちらかというと、「この原作を、ここまで巧みにドラマ化した」手腕というか、アレンジに脱帽
 
それにしても、エンディング・テーマ、大ヒットしそうですよね。
この路線(昭和歌謡ティスト?)できた勘所に「…やるぅ」
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-31 17:52 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(5)

ハマり役、つくしちゃん (花より男子)
e0080345_17123847.jpg今期もまた、学園モノが絶好調!ですね。

「アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~」も真っ青に贅沢な、目にもご馳走な、F4の面々も味だけど、ヒロイン。つくし役の井上真央、じつに似合ってるぅ。

思えば「エースをねらえ!」のお蝶夫人宅も笑えたですが、道明寺宅の「ありえね~~っ!」ぶりが素晴らしく、個人的には、道明寺司演じる松本潤のクレイジーさが、突き抜けててヨイです。いやなヤツ!なのに、底に寂しさを秘めた、繊細な目の演技が素敵♪

だけど、どうも、もうけ役は、花沢類(今回は小栗旬)なのかな。

歴代のキャスティングを見ても、 95年の映画版では藤木直人だし、別バージョンは木村拓哉だったみたいだし…  見てるうち、だんだん十年ぐらい前のアニメ(朝やってた)を思い出してきたんですが、う~ん、あの帰国美人とは、どういう関係だったっけ?

記憶の糸をたぐりよせつつ、興味津々。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-31 17:21 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(2)

さすが、プロフェッショナル
e0080345_1952141.jpg鬼嫁日記、ならぬ、オタ嫁日記にて失礼します。

元祖・アキバ君で、今も現役バリバリな彼(?)に、自身の「身の回りモノ」を買う気になっていただくのは、それはそれは至難の業。

だって、基本的に「その、お金と時間とエネルギーがあれば、幸せになれる方向(趣味方面に)使いた~い」と、ストレスがたまるほど、その傾向がパワーアップ?!

なまじ私より百万倍はセンスよく「それなりの美意識と、こだわり」がある分、その道は、南極より遥かです。

で、昨日。ほとんど奇跡のように、や~っとこさ、その気になってくれ、眼鏡(度が進み、さすがに不自由になった)と靴(じつは、崩壊寸前)を買う運びになり、心底ホッ。

しかし、下手に、つきあいが長い分。私が一緒になって選ぶと、どうしてもワンパターンというか(学生気分から脱皮できず)イメージが固定化してしまいがち。だから、試しに人気の老舗で、フレームを選んでもらったら、あまりの差に、崩れ落ちそうになりました。

さすがプロ。顔型とか、現在の雰囲気から、一瞬で「これなぞ、いかがでしょう…」と選んでくれるものは、唸ってしまうほど、どれも似合ってて、新鮮。センスよく、今までに無い魅力をひきだしてくれるのには、ほとんど土下座気分。ひれ伏してしまったです。

眼鏡ひとつで、これほど違う!ものなんですね。
おそれいりました~~っ 

(あの眞鍋かをりが、ほんの遊び心な眼鏡写真でブレイク。一気に、スターダムにのしあがったのも、ワカル気がして…)

同時に、深く反省…  場合によっては、「たしかな、プロの目」とか「客観視して判断してくれる人」や、そういう機会の大切さを、つくづく実感…
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-31 10:19 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)

気がつくと、ケモノ道
e0080345_9315218.jpgダ~ッ。ま~た、やってしまいました。

ついに、店頭からPDAの名機、クリエ君が消え去り、ダンナさん、ひゅるる~~っ。

だって、その熱愛のあまり、もしも今、手元からクリエ君をとりあげたら、悪魔にだって魂をうりかねないほど、なんですもの。ほとんど、身体の一部と化してます。

ああ、これって、いつかきた道…
ほとんど、デジャブーのような光景だわ。

だって、いつもそうなんですもの。彼が目を輝かせたりハマったりするもの。かぎりなく、お商売としてはデンジャーです。大衆のツボからすると、たいそう僻地に位置するらしく、ほとんど、風と共に去りぬ… 

店は消えるわ、雑誌は廃刊になるわ、商品おろか、メーカーさえ存在しなくなるわ…
(あのアミガもゲートウエイも… 数えあげれば、きりがないほど。あうあう)

本当に、こういう時代になってヨカッタね。(たとえ、ツボがきわめて少数派でも、広いこの世には、必ずや、同じ種族がいる?!) なにやら、感慨深いものがあった次第。
[PR]
# by noho_hon2 | 2005-10-31 09:59 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ブルガリ ディナー 表参道
from タグホイヤー カレラ キャリバー
advanced mac..
from remove advance..
clean mac of..
from mac hardware c..
how to make ..
from how to increas..
how to incre..
from how to enlarge..
mac cleaner ..
from ist advanced m..
義母と娘のブルース 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)