高嶺の花 第1話
e0080345_07112019.jpg
思えばロンバケも冒頭に花婿さんに逃げられ、町中を花嫁姿で全力疾走だったけど、

まさか、まさか、天下の石原さとみが、婚約者に土下座され、ストーカーとして連行されてしまうとは…

峯田和伸、もも(石原さとみ)が、自転車と共に川に飛び込み、大破させたのが縁で、出会った、迷い込んだ小さな商店街の自転車店で、店主の直人(峯田和伸)だったのね。

どのように展開するのかな? かなり変化球の野島マジックが心地よいとイイのにな…

      (ストーリー)

もも(石原さとみ)は、華道の名門「月島流」本家に生まれた令嬢。美しく、華道家としての才能も豊かなももには、何一つ足りないものなどなかった。ところが、婚約者の吉池(三浦貴大)に裏切られて式当日に結婚が破談、ももは深く傷つき、自信も才能も揺らいだまま立ち直れないでいた。ある日、ももは転んで乗っていた自転車を大破、迷い込んだ小さな商店街の自転車店で、店主の直人(峯田和伸)に修理を頼む。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-07-12 07:11 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

義母と娘のブルース 「33才独身部長女子が突然の義母宣言!?私は貴女に就職します!!」
e0080345_07104998.jpg
原作は、桜沢鈴による漫画作品で、4コマ漫画なんですってね。

綾瀬はるかの、新境地開拓なチャレンジ精神は認めるし、素材の普遍性と新鮮さも認めるのですが、ちょっと観る人というか、層を選ぶかな?

子供に対しても、自己紹介に名刺、だったり、アスレチックにスーツとパンプスってあたり、コメディ。

宴会芸の腹踊りで、お子さんの頑なな心が懐柔するとは、とても思えないんだけどなぁ…

バイク便、佐藤健が、どこで、どう絡むのかと、むしろ、巷の意見に、興味です。

     (ストーリー)

2009年春。小学生のみゆき(横溝菜帆)は、数年前に母・愛(奥山佳恵)を亡くして以来、父・良一(竹野内豊)と2人で生きてきた。ある日、みゆきの前に亜希子(綾瀬はるか)という女性が現れ、名刺を差し出してくる。混乱するみゆきに、良一は「新しいママになる人だ」と紹介。愛を忘れられないみゆきは、亜希子を拒絶する。ところが、同じ金属業界で良一のライバル会社に勤める亜希子は‘戦国部長’の異名を持つ営業のプロ。ビジネス経験を生かしてリサーチを進め、みゆきの心をつかもうと作戦を練る。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-07-11 07:11 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

泣き面に… コンタクト破損
e0080345_17513365.jpg
ただでさえ、ヨロヨロなのに、

この3ヶ月で2度も、コンタクトが、原因不明に破損

なんだかんだで、コンタクト屋さんに、6回目行くことに… 

思いっきり度を緩めてる、眼鏡がいいのか、遠近感が無くても、片目コンタクトが、まだしもマシなのか…どちらも不自由すぎて、トホホです

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-07-10 17:49 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)

海よりもまだ深く (2016)
e0080345_16081955.jpg
大きな阿部ちゃんが、ちょっとクズな「ちっちゃな男」を好演してて、ユーモラス。

そんなトホホ息子や、とりまく人々、家族を愛してやまない祖母として、樹木希林が包み込むように愛を注いでて、胸にしみます。

樹木希林が、「あのローマの大きな風呂に入ってた安倍さんが、団地の小さなお風呂に入ってて」と言ってたのは、この作品、だったのですね。

特に、台風がきて、たまたま泊まりに来た息子夫婦と孫が「帰れなくなってしまい」弓具に元気になって喜ぶシーンは印象的です。

結論はでないけれど「そして人生は続く」:感じがヨカッタです。

出演者達が、みな芸達者で、いい演技でした。

    (解説)

「そして父になる」「海街diary」の是枝裕和監督が、夢ばかり追い続けて妻子にも愛想を尽かされた甲斐性なしのダメ男を主人公に贈るコメディ・ドラマ。冴えない人生を送る男が、ひょんなことから年老いた母の家で、別れた妻子と一晩を過ごす中で織りなすほろ苦くも心沁み入る人間模様をユーモラスなタッチで綴る。主演は「歩いても 歩いても」「奇跡」「ゴーイング マイ ホーム」に続いて4度目の是枝作品出演となる阿部寛。共演に真木よう子、小林聡美、樹木希林。
 自称作家の中年男、篠田良多。15年前に新人賞を受賞したものの、その後は鳴かず飛ばず。ギャンブル好きで、今は“小説のための取材”と称して探偵事務所で働く日々。当然のように妻の響子には愛想を尽かされ、一人息子の真悟を連れて家を出て行かれてしまった。その真悟との月に1度の面会が何よりの楽しみでありながら、肝心の養育費はまともに払えず、おまけに響子にも未練タラタラで、彼女に恋人ができたと知り、本気で落ち込んでしまう始末。そんな甲斐性なしの良多にとって頼みの綱といえるのが母の淑子。夫に先立たれ、団地で気楽なひとり暮らしをしている彼女の懐を秘かに当てにしていた。そんなある日、真悟との面会の日を淑子の家で過ごす良多。やがて真悟を迎えに響子もやって来るが、折からの台風で3人とも足止めを食らう。こうして図らずも一つ屋根の下で、一晩を過ごすハメになる“元家族”だったが…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-07-10 16:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~(Season3) 「未来の凶悪犯罪を止めろ」
e0080345_07160769.jpg
絶対零度って、上戸彩のシリーズだと思ってたので、沢村一樹が指揮をとり、ばっさー(本田翼)、大活躍でびっくり

ある事件がきっかけで、警視庁総務部資料課に室長として転属してきた、元公安部のエリート刑事・井沢範人(沢村一樹)。トラブルメーカーばかりが集まり“警視庁の吹きだまり”と呼ばれている資料課だが、実は秘密裏に進められている、重要なプロジェクトを託されていた。それは、ビッグデータを解析して今後重大犯罪を犯す可能性の高い危険人物を割り出す、未然犯罪捜査システム=ミハンシステムの、実用化プロジェクト。

資料課のメンバーは、未然犯罪捜査チーム(通称・ミハン)として、ミハンシステムの割り出した近い将来起きるかもしれない重大犯罪を阻止すべく、捜査を進めていく。って、物語、なんですね。

でも、上戸彩も意味ありげにゲスト出演してて嬉しかったのでした。

      (ストーリー)

元公安刑事・井沢(沢村一樹)は、表向きは資料課分室所属、実際は極秘の「未然犯罪(ミハン)捜査チーム」のリーダー。同捜査はAIのミハンシステムが予測した「これから起こる犯罪」を未然に防ぐ新たな試みだ。失踪したバディ・桜木(上戸彩)を捜す元特殊班の山内(横山裕)は、特別捜査官の東堂(伊藤淳史)によりチームに加えられるが、冤罪の危険性があるミハン捜査に懐疑的だ。そんな中、システムが新たに、クラブ経営者の富樫(武井壮)が殺人を犯す可能性が高いと割り出し、井沢らは捜査に乗り出す。


[PR]
# by noho_hon2 | 2018-07-10 07:16 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

三度目の殺人 (2017)
e0080345_07121203.jpg
キャスティングが豪華。そして、役者力であり、熱演です。

役所広司、うまい、ですよねぇ。福山雅治、華があります。広瀬すずにとっても、記念すべく先品だったかな?

結局、真相は見る側の判断に委ねられる形で、「ああ、すっきり」ではありませんが、是枝監督、見せ方といい、映像といい、脚本といい、見事だと感じました。

   (解説)

第66回カンヌ国際映画祭審査員賞受賞作『そして父になる』の福山雅治と是枝裕和監督が再び組んだ法廷サスペンス。死刑が確実視されている殺人犯の弁護を引き受けた弁護士が、犯人と交流するうちに動機に疑念を抱くようになり、真実を知ろうとするさまを描く。弁護士や検事への取材に加え、作品の設定通りに実施した模擬裁判で出てきたリアルな反応や言動などを脚本に反映。福山ふんする主人公が弁護を担当する殺人犯を、役所広司が演じる。

   (ストーリー)

勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-07-09 07:12 | 映画 | Trackback(5) | Comments(0)

PとJK (2017)
e0080345_07221958.jpg
コミック原作ならではの、可愛いオハナシでした。

目の保養的に、キャスティングもマル

    (解説)

イケメン警察官と女子高生の結婚という設定が話題の、三次マキによる人気コミックを実写映画化。警官という立場上、未成年との交際の唯一の解決策として結婚することにした二人が、さまざまな困難に立ち向かいながら絆を深めていくさまを描く。メガホンを取るのは、『さよなら歌舞伎町』『ストロボ・エッジ』などの廣木隆一。結婚するカップルには、映画やテレビドラマなど幅広く活躍する亀梨和也と、『orange-オレンジ-』などの土屋太鳳がふんする。

    (ストーリー)

高校1年生のカコ(土屋太鳳)は大学生と偽って合コンに参加し、年上のイケメン功太(亀梨和也)に出会う。互いに好印象を抱くがカコが高校生だと知った功太は、警察官という立場から交際するわけにはいかないと距離を置く。やがて、ある出来事をきっかけにカコの真っすぐな気持ちに応えようと決意した功太は、恋人として付き合うのではなく正式に結婚することを提案する。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-07-06 07:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ドラマBiz『ラストチャ..
from レベル999のFC2部屋
この世界の片隅に 第1話
from ぷち丸くんの日常日記
日曜劇場『この世界の片隅..
from レベル999のFC2部屋
この世界の片隅に (第1..
from ディレクターの目線blog@..
サバイバル・ウェディング..
from ぷち丸くんの日常日記
土曜ドラマ『サバイバル・..
from レベル999のFC2部屋
サバイバル・ウェディング..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
みっきーさん、ありがとう..
by noho_hon2 at 07:26
☆noho_hon2さん..
by みっきー at 16:20
ありがとうございます>ふ..
by noho_hon2 at 19:32
なんとなんとそうだったん..
by ふゆこ at 16:49
すみません。どうも、ミク..
by noho_hon2 at 15:17
関係ないことでごめんくな..
by ふゆこ at 20:47
松木よしの さん、こんに..
by noho_hon2 at 15:39
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)