バイプレイヤーズ ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~ 第2話
e0080345_08105332.jpg
限りなくコントみたいでしたね。

ゴローさん、ならぬ、松重豊、寝かせてもらえず、受難の巻。

でも、最後はヒロイン役の本田(本田望結)誤解が解けてヨカッタ

しかし、最後は顔に落書きされたまま爆睡。それがオンエアになるなんて…

遠藤憲一の女装姿と同じぐらい笑ってしまったのでした。舞台裏を聞いて、また爆笑

      (ストーリー)

遠藤憲一、大杉漣、田口トモロヲ、松重豊、光石研はようやく朝ドラの撮影に合流。この日は寺島(寺島しのぶ)がクランクインしたが、5人はエキストラ扱いの役になったため、ほとんど出番がない。しかもホテルの部屋不足のため、廃屋「島ハウス」で生活しなければならなくなった。家事全般を押し付けられた松重は寝られない状況に陥り、いらいらが募る。その上、なぜかヒロイン役の本田(本田望結)からは冷たい視線を向けられる。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-02-15 08:11 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)

anone 「今夜何かが起きる!悪魔の誘いか救世主か!?お金はこの手で作れます」
e0080345_08045481.jpg
あいかわらず、続く4名での、亜乃音(田中裕子)たちは印刷工場での共同生活

元・社員・理市(瑛太)を招いたことから、ニセ札作りへの協力を迫られました。

亜乃音(田中裕子)の娘・玲(江口のりこ)の子、陽人(守永伊吹)に偶然関わったことから、亜乃音さん、玲に怒られてしまいました。陽人は集団に溶け込めず、登校拒否してるみたいです。

陽人に、似た者同士を感じたハルカと友情が生まれます。

ハリカ(広瀬すず)は、幼なじみで病床にある彦星(清水尋也)の治癒のために、お金が欲しいと願い始めます。

それぞれのベクトルは、どちらに向かう?!

       (ストーリー)

亜乃音(田中裕子)たちは印刷機の使い方を学ぶつもりで招いた理市(瑛太)から、ニセ札作りへの協力を迫られる。

ハリカ(広瀬すず)とるい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は迷惑をかけた亜乃音のために理市を突っぱねつつも、それぞれ心の内には思うところがあって…。

翌日一人で理市の弁当屋を訪ねようとしたハリカは、小学校をサボっていた玲の息子・陽人(守永伊吹)に遭遇し、思いがけず仲良くなる。亜乃音と共に、陽人の感性の豊かさに驚くハリカだったが、周りと同じように振舞えないために学校で浮いてしまう陽人が、自分の個性や自由な発想に罪悪感を感じていることにかつての自分を重ね、胸が苦しくなってしまう。

そして、ニセ札作りに足を踏み入れようとしている舵に気付いたるい子は止めようとするが、舵は珍しく声を荒げて反論する。そして、るい子は舵が探していたニセ札用のサンプルの紙をハリカに捨てに行かせるが…。

一方、玲(江口のりこ)が再婚しようとしている相手が妻子のいる理市だと知った亜乃音は、理市を呼び出し、玲を傷つけないでほしいと頼むが、そこで理市はある火事の話をし始める…。かつてお金によって人生を狂わされた理市の不気味な導きによって、四人はニセ札作りの道へ引き込まれようとしていた…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-02-15 08:05 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)

相棒 Season16 「さっちゃん」
e0080345_07550434.jpg
元ボクサーでもあり、キレる烏丸(池田成志)が、花の里の女将、幸子(鈴木杏樹)に淡く恋をして… で、なかなかに斬新だったのですが、

個人的に、月本幸子ネタは、この魅力的・キャラの生みの親・古沢良太脚本で見たかったなぁ、と感じてしまったのでした。

亘(反町隆史)が、静観している右京(水谷豊)を尻目に、二人の仲を取り持つ展開も、面白かったかな?

「ツキ」もひとつの重要条件なので、この次、扱う時は、ぜひにぜひに。

     (ストーリー)

消費者金融で乱闘騒ぎがあり、社員の男性一人が死亡。乱闘を仕掛けた烏丸(池田成志)という男が刺され、意識不明の重体に陥るという事件が発生した。烏丸は最近、花の里の常連客になり、幸子(鈴木杏樹)とも親しくしていた人物だった…。

事の発端は三週間前にさかのぼる。ふとしたことで幸子と知り合い、花の里に通うようになった烏丸。何者か気になった亘(反町隆史)が調べると、彼は元暴力団員で傷害の前科があると判明。しかし、20年以上前に足を洗ってプロボクサーとして活躍し、引退後は肉体労働で汗を流しているという。幸子と烏丸が意識し合っていることを察した亘は、静観している右京(水谷豊)を尻目に、二人の仲を取り持つ。そのデート中、チンピラとトラブルになった烏丸が逆上し、相手にけがを負わせてしまう騒動が起きて…!?

烏丸はなぜ、無関係な金融会社で乱闘騒ぎを起こしたのか?
右京と亘が真相を探る中、幸子が決意の末に大胆な行動を!
それぞれの過去の呪縛が翻弄する大人の恋の行方は!?

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-02-15 07:55 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)

きみが心に棲みついた 「大好きです!BBQでキス&ガチバトル」
e0080345_08231417.jpgああ、なんて理不尽でストレスフルな物語でしょう

原作では、今日子は大学時代に性犯罪にあったみたいですが、それをドラマ・アレンジで、今日子(吉岡里帆)の下着姿になってしまった訳かな? しかも、それを撮った友人までバーベキュー・パーティに招くなんて

今日子(吉岡里帆)への攻撃を吉崎(桐谷健太)に邪魔され、不愉快な星名(向井理)。会議で、八木(鈴木紗理奈)が不在になった時、攻撃します。そのため首の下が赤くなってるのを見て、八木も不審に思い… 今日子と、星名が同窓だったことを突き止めます。

星名の策略に満ちた、バーベキュー・パーティに、吉崎も招き、メンバーが実は、星名の大学悪事仲間だったこともあり、今日子はストレスのあまり倒れてしまいます。

それをフォローする吉崎… 寝坊して、やっと駆けつけた、スズキ(ムロツヨシ)(星名の異常さに勘付いているよう)「こんな振幅の激しい人には会ったことない」と、救済の上、キスされるのでした。

その顛末は、どうなる?!

      (ストーリー)

 今日子(吉岡里帆)への攻撃を吉崎(桐谷健太)に邪魔され、不愉快な星名(向井理)。「吉崎の化けの皮を剥がしてやるよ」という星名の言葉に今日子は青ざめる。

 吉崎に迷惑がかかることを恐れる今日子は、吉崎からのメールに驚愕する。メールには、吉崎が星名とバーで一緒にいる写真が添付されていたのだ。しかも、一緒にバーベキューに行く予定だという。慌てた今日子は吉崎を星名から守るため、自身も堀田(瀬戸朝香)たちを誘って参加することを決める。

 一方、今日子の様子に違和感を抱いていた堀田と八木(鈴木紗理奈)は、今日子のトラウマの元凶である大学時代の先輩が星名であることを突き止めていた。

 週末、様々な思惑を抱いたメンバーが集うバーベキューがいよいよ始まった。さらに、今日子にとっては嬉しくない大学時代の知り合いが次々と現れ…。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-02-14 08:23 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)

FINAL CUT 「愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ」
e0080345_08015916.jpgなんだか、第二章に突入の感ですね。

『ザ・プレミアワイド』の司会者・百々瀬(藤木直人)だと突き止めた慶介(亀梨和也)だったが、突きつけた“ファイナルカット”をフェイクニュースとして扱うといった百々瀬の機転によって、追い込みに失敗

ファイナル・カットとして、お仕置きされた面々が結集。今度は、慶介の洗い出しと12年前の事件にロックオンします。

そんな中、真犯人だとにらむ小河原祥太の妹・雪子(栗山千明)から「兄が帰ってきた」と知らせを受けた慶介。駆けつけた、それは、真相を若葉(橋本環奈)にも教えようとした雪子のわな。慶介もまた、姉妹に目的を見破られたことを悟ります。慶介は、雪子に疑惑を語ったのでした。

並行して、慶介が勤務する新宿中央署管内で美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)が殺される事件が発生。その彼氏、恋人の矢口(中村倫也)が、情報を駆使し、慶介を頼ってきました。同じ匂いを嗅いだ慶介なれど、翌日は、もうフェイドアウト

テレビカメラの前、挑発されて自殺しようとした矢口を慶介が救います。

また、12年前の事件を担当した、上司の高田(佐々木蔵之介)に、慶介が、自分も捜査に加わらせて欲しい、願い出て… 

      (ストーリー)

ついに、恭子(裕木奈江)を犯人だと断じたのが『ザ・プレミアワイド』の司会者・百々瀬(藤木直人)だと突き止めた慶介(亀梨和也)だったが、突きつけた“ファイナルカット”をフェイクニュースとして扱うといった百々瀬の機転によって、追い込みに失敗する。

その夜、真犯人だとにらむ小河原祥太の妹・雪子(栗山千明)から「兄が帰ってきた」と知らせを受けた慶介。真犯人さえ捕まえれば母の無実は証明される…と、はやる気持ちを抑え、雪子の元へ急ぐ慶介だったが、それは正体を偽って自分たちに近付いた慶介の目的を妹の若葉(橋本環奈)にも教えようとした雪子のわな。雪子は現れた慶介を見て、慶介の目的は兄だと確信。慶介もまた、姉妹に目的を見破られたことを悟る。

一方、『ザ・プレミアワイド』の会議室では、百々瀬の呼びかけで井出(杉本哲太)や真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)が集められる。局内から回収した隠しカメラを前に、百々瀬から全員が同じ男に脅迫されていたと聞き、驚くメンバー。そんな彼らを前に、百々瀬は不敵な笑みを浮かべ、慶介を調べるよう指示する。

ある日、慶介が勤務する新宿中央署管内で美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)が殺される事件が発生。世間は事件当日に彼女とケンカをしていたという恋人の矢口(中村倫也)に疑惑の目を向ける。そんな中、矢口が、『ザ・プレミアワイド』の放送を皮切りに世間から自分が犯人と疑われるようになったと、慶介に助けを求めにやって来る。無実を主張し、もう一度恋人に会いたいと涙する矢口に過去の自分を重ねた慶介は、力になると約束。

しかし翌日、矢口は慶介の前から姿を消してしまう。慶介は上司の高田(佐々木蔵之介)に、自分も捜査に加わらせてほしいと申し出るが、高田から12年前の事件のことを切り出され、思わぬ事態に発展し―!?

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-02-14 08:02 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)

海月姫 「一攫千金!ショータイムにかけた仲間の想いをつなげ!運命の決断」
e0080345_07514070.jpg今回のサプライズは、まやや(内田理央)の覚醒! 

『天水館』での、クラゲドレスのファッション・ショウ。隠れてた美貌が明らかになり、モデル姿も決まってました。

でも、趣味のがちゃに釣られて、ってのが笑えるのですがね。

さすがのキャスティング、運転手役の、花森よしお(要潤)が美味しいところ、もっていきましたね。

ドタバタの舞台裏と、ハラハラで成功したファッション・ショーが痛快でした。

ネット配信された様子を、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)の実母が海外で見てくれてて… 何か起こるのかな?

面白かったです。

        (ストーリー)

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。

蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼~ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に儲けが出たら趣味の品を買えるかもと言われてやる気になった。

作戦会議を始めるが、販売用のドレスを作るためには“尼~ず”たちでは手に余る。そこで縫製のプロを雇うことになった。すると千絵子は友人にプロがいると月海たちを連れて頼みに出かける。

月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。ノムさんの服作りは人形専門。しかし、ノムさんの力量は本物でクラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作る。人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。

こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。

[PR]
# by noho_hon2 | 2018-02-13 07:52 | ドラマ | Trackback(6) | Comments(0)

リリーのすべて (2015)
e0080345_11113180.jpg
エディ・レッドメイン、しみじみとガラスの仮面!

『博士と彼女のセオリー』と、この作品の両方をこなして見せるとは!

性別違和に苦悩する主人公でしたが、あくまで夫婦愛の物語でした。

こんな風な実例があると、心に勇気がわきますね。

     (解説)

世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。メガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞した『英国王のスピーチ』などのトム・フーパー。性別違和に苦悩する主人公には『博士と彼女のセオリー』でオスカー俳優となったエディ・レッドメイン、一番の理解者として夫を支え続けた妻を『コードネーム U.N.C.L.E.』などのアリシア・ヴィキャンデルが演じる。共演にはベン・ウィショー、マティアス・スーナールツらがそろう。

     (ストーリー)

1926年デンマーク。風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼される。その際に、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩むことに。当初はそんな夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深め……。


[PR]
# by noho_hon2 | 2018-02-13 07:30 | 映画 | Trackback(7) | Comments(0)


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
BORDER 贖罪
from ぐ~たらにっき
バイプレイヤーズ~もしも..
from ディレクターの目線blog@..
相棒season16 第..
from レベル999のFC2部屋
相棒16 第17話
from ぷち丸くんの日常日記
バイプレイヤーズ~もしも..
from ディレクターの目線blog@..
相棒16 テレ朝(2/2..
from ぬるーくまったりと 3rd
相棒 season16 ..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)